Header Ads

クリップスタジオ(クリスタ)で作る、簡単な文字デザイン




デジタルの漫画、イラスト制作でよく使われるグラフィックソフト「CLIP STUDIO(クリップスタジオ)」。簡単な文字デザインをする事もでき、絵を描かない人にもおすすめのソフトです。

クリップスタジオは略してクリスタと呼ばれる事が多いです。検索する時は、クリップスタジオよりもクリスタで検索した方が見つけやすい場合もあります。

このソフトを購入してから、PhotoshopとIllustratorを使う機会がめっきり減りました。CLIP STUDIOは、どっちかというとPhotoshopよりのソフトです。psdファイルを開く、psdファィルにして保存する事も出来ます。

CLIP STUDIO PAINT PROで作りました


CLIP STUDIOには2種類のソフトがあります。

今回使ったソフトは「CLIP STUDIO PAINT PRO」です。税込み5000円(ダウンロード版)と、格安な値段です。これよりも機能が多いのは「CLIP STUDIO PAINT EX 」。こちらの価格は税込み23000円(ダウンロード版)と、少し高めになります。

差額を払えばPROからEXにグレードアップすることが出来ます。私はPROしか使った事がありませんが、特に不満なく使っています。主な用途はカラーイラスト、簡単なロゴ作成、印刷会社への入稿です。

【公式サイトをチェックする】


基本的な使い方



一番左側のアイコンが縦に並んでいるもの全体を「ツールパレット」と言います
。その中にある「A」のアイコンがテキストツールです。テキストを入力し、確定すると一番右側の「レイヤー」に「テキストレイヤー」が上に一枚追加されます。

対象物のあるレイヤーを選択していないと、カスタマイズ出来ません。薄い青になっている箇所が選択しているレイヤーです。



テキストを開くと「サブツールパレット」が表示されます。文字のサイズ、字間(文字と文字の間隔を狭くしたり広くしたりする)縦書き、横書きなど、さまざまな設定がここで出来ます。



フォントというとこをクリックすると、様々なフォントが表示されます。既存のフォントだけでなく、インストールしたフォントも使えます。

フチをつける



CLIP STUDIOはワンクリックで文字にフチをつけられます。Photoshopにはこんな機能なかったはず。



レイヤープロパティの「●」アイコンをクリックするだけでフチがつきます。本当にワンクリックで終わります。テキストレイヤーだけでなく、絵や手書き文字などにも適用されるので、何かと重宝します。

絵のような色を塗る



単色で色を変えるのは左のテキストツールで簡単に出来ます。複雑な色合いにするには「テキストレイヤー」から「ラスターレイヤー」に変更する必要があります。
ラスターレイヤーにすると、テキスト機能は失われ、画像の扱いになります。そのため、テキストツールの機能は反映されなくなり、フォント変更などは行えなくなります。






レイヤー → レイヤーの変換 → 「テキストレイヤー」を「ラスターレイヤー」に変換します。これで、フォント機能はなくなり、画像と同じ扱いになりました。



ラスターレイヤーになると、テキストレイヤーの時に表示されていた「A」のアイコンは無くなります。
テキストレイヤーの時は非表示(薄く表示されていて、クリックできない状態)だった、「透明ピクセルをロックする」をクリックすることができます。
透明ピクセルをロックすると、同じアイコンがレイヤーにも表示されます。これで、透明な部分に色を付けたりなど、付け足すことが一切できなくなります。
ロックを外せば通常通りに、色を付けたり消したり出来るようになります。



透明ピクセルにロックを掛けたままお好みのペンで塗ると、文字の部分だけに色をつける事ができます。べた塗りペンの不透明度を低くして、複数の色を重ねると淡い色合いになります。このペンがお気に入りで、絵を描く時はほとんど、べた塗りペンを使っています。

グラデーションをつける



「ラスターレイヤー」にして、「透明ピクセルをロック」した状態だと簡単にグラデーションをかけられます。テキストレイヤーのままだと、グラデーション機能は使えません。



斜めのグラデーションになった■のアイコンをクリックして、好みのグラデーションを選び文字に向かってドラッグするとグラデーションがかかります。

今回は黒の文字に「描画色から透明色」の紫色のグラデーションをかけました。

文字のフチをぼかす



文字のフチをぼかすには、レイヤープロパティのフチをつける機能は使えません。レイヤーを2枚使っていきます。



同じ文字のレイヤーを2枚つくります。レイヤーを右クリック→レイヤーを複製で簡単に同じ内容のレイヤーを作成できます。ちなみに、文字が書かれた部分を右クリックしてください。レイヤーのサムネイル画像を右クリックしても上記のようにはなりません。



2枚目(下のレイヤー)を編集していきます。1枚目(上のレイヤー)は、しばらく使わないので非表示にします。レイヤーが4枚になっていますが、非表示にしている3枚目は関係ないレイヤーです。



まず「テキストレイヤー」から「ラスターレイヤー」に変換します。

次に自動選択ツールをクリックして、サブツールでは「編集レイヤーのみ参照選択」を選びます。左下の方にある「隣接ピクセルをたどる」のチェックを外しておきます。

ここにチェックが入っていると、同じ色を一気に選択できなくなります。





文字の上をクリックして自動選択します。すると横に長いツールが表示されます。選択範囲拡張のボタンを押して、拡張幅を入力します。

その後、バケツやペンで拡張した範囲にも色をつけます。



選択範囲を解除します。キーボードの「command」と「D」を一緒に押すと選択解除されます。また、上のバーからも選択解除できます。

選択解除しないと、きれいにぼかす事ができないので注意してください。文字以外のアイテムもレイヤー内にある場合は、「選択範囲」を使って、対象の文字の周りに余裕がでるくらい、大きく選択してください。



フィルター → ぼかし → ガウスぼかし とクリックしていきます。



ぼかす範囲を選んで、好みのぼかし具合にします。これで2枚目のカスタマイズは終わりです。1枚目を表示にして、組み合わせればフチがぼけたような文字の完成です。

袋文字にする



袋文字はワンクリックで簡単に出来ます。しかし、既存の袋文字だと太さの変更が2種類しか出来ません。選択範囲を使うことで、好みの袋文字にする事も出来ます。袋文字にする方法を3パターンご紹介します。

1 フォントツールで袋文字にする(線幅は2種類のみ)




テキストサブツールの★(2)が「+スタイル」になっていればすぐに袋文字が作れます。「+スタイル」をクリックすると「−スタイル」になり、袋文字が表示されます。
太さの違う袋文字が2種類あるので、好みの方をクリックすれば完成です。

「+スタイル」が見つからない場合は、☆(1)の「サブツール詳細パレット」をクリックします。「フォント」カテゴリの一番下にある袋文字の、☆(2)にチェックを入れます。こうすると袋文字が使えるようになります。

最初からテキストサブツールに袋文字を表示させていたい場合は、★(1)をクリックして目👀を表示させましょう。そうすると、★(2)のテキストが「+テキスト」に変わります。


文字をドラッグしてから選択してから、袋文字を適用してください。

2 自動選択で袋文字を作る




テキストレイヤーをラスターレイヤーに変換し、自動選択します。キーボードの「delete」をクリックすると選択された部分が消えます。


自動選択ツールの「領域拡縮」の数値を変えることによって、選択範囲を広げたり狭くしたりできます。

左が細い袋文字、右が太い袋文字です。もっと太くしたい場合は、この機能は使わず「選択ツール」を使います。

3 フチをつけて袋文字をつくる(おすすめ)



まずフォントをテキストレイヤーをラスターレイヤーに変換します。次に自動選択ツールで選択範囲を拡張します。




選択範囲を拡張した後に、キーボードの「olt/option」を押しながら、色のついた文字の部分を自動選択ツールでクリックします。
選択されているまま、ペンで塗りつぶすと文字の周りだけに色がついてフチのついた文字のようになります。




次に選択範囲を反転します。



そうすると、フチ以外の部分の文字が選択されます。消しゴムを使って消すか、キーボードの「delete」を押して文字を消します。これで、袋文字の完成です。



さらに反転して、好きな色に塗ることも出来ます。この方法が一番きれいな袋文字になると思います。おすすめです。

文字の中に写真や画像を入れる



文字に写真、画像を読み込むことが出来ます。この文字はあじさいの写真を読み込んで色味を変更したものです。

「画像」を読み込む



まずフォントをテキストレイヤーからラスターレイヤーに変換します。自動選択ツールで選んでから、ファイル→読み込み→画像をクリックします。



この読み込んだ画像は「画像素材レイヤー」という種類になっています。「操作」を使って、画像を好みの大きさ、位置に移動する事が出来ます。

もし、画像を削除したい場合はキーボードの「delete」を押すとスムーズです。画像レイヤーまるごと、削除する事ができます。

 

好みの位置に整えたら、「画像素材レイヤー」からラスターレイヤーに変換します。



キーボードの「command」と「U」を一緒に押すと色味を変える画面が出てくるので好みの色に整えます。
一番上のバーから、編集→色調補正→色相・彩度・明度と進んでいっても同じ画面を表示出来ます。



フチをつけて完成です。フチの色は、「フチの色▶」の「▶」をクリックして変更出来ます。

「画像からパターン」で読み込む




これは、ファイル→読み込み→「画像からパターン」で作った文字です。



pngで保存した素材を読み込んでパターンにして使います。この素材は100×100pxのキャンバスに線を描いて作りました。
パターンにすると適当な素材でも、それなりの仕上がりになります。



画像素材レイヤーの時、動かす方法は2つあります。
まず1つめは立体的な四角の「操作」です。選択範囲内で、パターンの位置を整える事が出来ます。
2つめは黒矢印の「レイヤー移動」です。選択範囲そのものを動かす事が出来ます。パターンは変わりません。

今回はレイヤー移動を使って、パターンを左上に移動しました。



さらに、レイヤーの不透明度を低くしました。画像素材レイヤーのままで変更することが出来ます。そしてフチをつけたら完成です。

色鉛筆で塗った風にする




クリスタにはアナログ風のペンが揃っているので、アナログの質感を出す事が出来ます。まずテキストをラスターレイヤーに変更します。次に自動選択ツールで選択して、キーボードの「delete」を押します。そして鉛筆で塗っていきます。



好きな色を組み合わせてザクザク塗ったら完成です。キーボードのcommandとDを一緒に押して選択を終了します。無料配布されているリアル鉛筆を使用しました。

カリグラフィーペンで書く



カリグラフィーペンを使えば、動きのある文字を書くことが出来ます。全部書くのは難しいので、既存の文字にカリグラフィーペンで装飾をプラスしました。


私はカリグラフィーペンが苦手なので、なんじゃこりゃな仕上がりになってしまいましたが、(20回くらいかきなおしたんですがね・・・)得意な方がやれば、とてもおしゃれな文字が作れます。

レイヤーが変換できないよ!と、いう時は



「レイヤーの変換」が、薄い灰色になっていてクリックできない時があります。これは、文字入力が途中になっているからです。
四角の枠が黄緑色になっており、文字を入力する時に出てくるチカチカ点滅する「l」が表示されている状態です。
文字入力が途中の状態なので、レイヤーの変換が出来ません。



その場合は、文字の外側をクリックすると黒い枠になり文字入力が終わります。黒い枠になれば、レイヤーの変換が出来るようになります。
それ以外に、左のバーのテキストツール以外をクリックしても文字入力を終了する事が出来ます。

【クリスタ公式サイトをチェックする】

この記事で紹介したデザインは全て、CLIP STUDIO PAINT PROを使用して作りました。